お弁当ブログ

子育てママのお弁当紹介

1

夏になるとスーパーで売っているズッキーニは大変安くなり、いつも94円前後で購入しています。時々田舎のおばあちゃんのおうちから畑のズッキーニも送ってきますので、色々な食べ方をしないと飽きますね。

作り方によっていろいろなおいしさが出てきますので、家族に愛されています。

材料

ズッキーニ 1本 170グラムほど

バター大匙1~1.5

醤油大匙1~1.5

白ワイン 大匙1

オリーブオイル 大匙1/2

先ずッキーニを輪切りにします。フライパンにオリーブオイルを敷いて、全体に伸ばします。ズッキーニを敷き詰めて中火で4分ほど焼きます。片面を返したら2分ほど焼きます。その時4分割のバターを投入します。醤油、ワインも投入してフライパンに味を均一にしておきます。

コツは特にはありませんが、焦げないように、また焼きすぎないようにします。

バター醤油ワインをいれたら手早く絡めてできたときもおいしいですけど残ったのを冷蔵庫に入れておいて翌日食べたらさらにおいしかったです。

Share

1

夏はやっぱりあっさりきゅうりの浅漬けが食べたいですね。美味しく手早く作れますし、ご飯のお友に相性抜群ですし、おつまみにも大人気で、大葉の香りがそそります!

材料は以下のようです

きゅうり3本

大葉3枚

揉み込み用の粗塩 小匙1

漬け込み用の粗塩 小匙1/2

粉のだしの素 小匙1/2

すりゴマ(金また白) お好みで

きゅうりを洗ってから、粗塩をかけて、手でややキツめにゴロゴロ転がします。次塩をなじませるきゅうりと大葉、漬込み用の塩、だしの素を入れて、空気をキレイに抜けるようにストローで脱気します。 脱気した後冷蔵庫に入れといて、一昼夜ほど寝かせてます。途中でもひっくり返します。きゅうりと大葉を適当な大きさにカットしておいて、すりゴマをトッピングしてお召し上がれます。きゅうりに粗塩をすり込む時には、きゅうりをつぶしても、つぶさなくても、もみ込むことで、味が良く入ります。
よく脱気することで美味しく漬けことができます。真空状態であればベストで1週間ぐらいは保存出来きますよ。

Share